JPOS: Japan program online school

日本の教育をオンラインで学べる 文科省認定の特許プログラム

離婚にユルい考えの日本

 

日本のワイドショーとかで、松居一代さんや船越さんの話題。

 

松居さんが「狂気の沙汰」のように取り扱われていますが、

フィリピンなら、松居さんは悪くないです。

 

 

離婚を言い出した船越さんが圧倒的に悪いことになります。

 

 

フィリピンはカトリック教徒が圧倒的に多い国。

まず離婚は認められません。

 

「他に好きな人ができた」

「性格が合わない」

・・・全て戯言!!

 

こんなしょーもないことで離婚は認められません(;'∀')

 

どうしてもの場合、教会に申し立て、annulment(アナルメント)という手続きをとらなくてはなりません。

教会では、夫婦として添い遂げるよう努力せよと、何十年も説教を受け続けます。

相当の寄付金もいるでしょう。

何十年も審議して、やはり認められない場合も多々あります。

DV、ギャンブル等、よっぽど切迫した理由がない限り、離婚はない。

 

 

フィリピンは法律でも、カトリックの教えに則った形で「家族法」というのがありますし。

宗教でも法律でも、離婚は至難の業になります。

 

f:id:JPOS:20170801105221j:plain

 

カトリックじゃなくてよかった~!って思っている方。

この戯言が認められる日本は、果たして良いと言えるでしょうか?

という問題意識を持ちましょう。

 

 

責任感

なさすぎるのでは、ないですか?

 

 

あなたは、神仏の前でも、自身でも、

一生添い遂げると決めて結婚したのではないですか?

 

・・・そう言われると、本当にそうですよね。

 

 

 

P・ドラッカーも相談者にこのように答えてます

相談者「今では私は妻を愛していません。私の心に愛がないので別れたいです」

P・ドラッカーの答えは

 

「愛しなさい」

 

です。

相談者は「え?愛がないのにどうやって?」と食い下がりましたが、

「聞こえませんでしたか?相談の答えは、愛しなさいと言っているのです」と。

 

愛すればいいのです。

 

この言葉に私は衝撃を受けました。

 

 

性格が合わないなら仕方ないよね?愛がないなら仕方ないよね?

巷にある許されて当然と考えがちなもの。

・・・これら全て勝手な言い分に、聞こえませんか?(笑)

 

私は松居さんを擁護するワケでもなく、カトリックを崇拝しているワケでもなく、

真実を熟考すると、カトリック制度の戒律は深い・・・と思いました。

 

 

人を愛する

って本当に深いのですね。

 

 

チャラいアニマルな部類の方、

そして自分の意見が正しいとばかりの方には

至難の業でしょうね(笑)

 

 

f:id:JPOS:20170801105010j:plain

 

f:id:JPOS:20170726144514j:plain

 

この1年、フェイスブックをやり、

いろんなイベント、セミナーなどで、出会いがありましたが

 

最近の友人との会話で、目から剝がれかけ鱗が落ちた。

 

 

友→「じゅんさんが先日イイね!してた○○さんって抽象的なことばかり言うよね。

あの人、実際さ、教える事も抽象的なの?」

 

と聞かれた。

 

私→「そういえばそうね。セミナーでも実務的なことあまり教えてくれなかった。自分でヤレって感じなのかな?」

 

友→「やっぱりね。実質的なこと教えてこそナンボなのにね!抽象的なことばかり言うカリスマ気取り多いからね。」

 

私→ 内心「!!」

 

そう。

私の内心は

「全くその通り・・・だわ・・・」

「私がなんとなく感じてた事を、言葉にすると、こういう事かっ!」

とワナワナしてました(笑)

 

そんな抽象的なこと言う奴は、迷える子羊を集めてるんだろうか?

もったいつけてるだけか?

そんなのを、むやみに尊敬しちゃったりして、振り回されても時間の無駄かも。

いざ頼むと、お高いこと言われるからね。

振り回される時間、超もったいない!

 

ネーミングしたら「ひま人のたわむれ広場」かね(笑)

そこに寄る時間あるなら、コツコツお家でやってた方がいいわ!!

 

ちゃっちゃと分かりやすく

パワポ教えてくれる人のが有難かったりするのよね~~!

 

と会話は終わりました。

 

そういうこと(笑)

 

 

意外と身近な人物にこそ、尊敬に値する人多いような。

身近な友よ、現実的なこと、実務的なこと、教えてくれてありがとう!

 

 

ちょっと面白そうな本→ 「バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門学で戦える」

 

アマゾンページの本の内容紹介を見て思うことありました。

内容紹介で、読んだ気になり、実際読んでいないけど(笑)

 

アマゾンで紹介されていた内容紹介ページから引用した文↓

 

中学からヤンキーになり、進学した高校は偏差値30台。卒業後はとび職になった。
自分の人生に満足していた。それなりに稼いで、それなりに楽しくやっていたから…
そんな自分を変えたのは、大嫌いだった父だった。
仕事で表彰される父の背中は、かっこよかった。
自分も、もっとやりがいのある一流の仕事がしたいと思った。
辞書の引き方すらわからないところから勉強をした。
何とか専門学校を出て営業マンになり、「できる人」と自分を比較して気がついた。
圧倒的な「学ぶ力」や「経験値」の違い…
それならば! と目指したのは、なんと世界No.1の公立カリフォルニア大学バークレー校。
元とび職の不良は、世界を代表する名門大学でどのように成長していったのか?
誰だって死ぬ気でやれば、人生を変えられる! 

 

・・とここで私が大きく頷いたのは、アンダーラインをひいた箇所です。

このような事が誰にでも言えるのではないか、と思ったのです。

 

①親の背中を見て育つ

 

②圧倒的な「学ぶ力」「経験値」の違いに気付いたこと

 

私は、特に②について腑に落ちることあるのです。

不登校などを含め、一般教養をすっとばした結果、後でじわじわ後悔を呼ぶ未来とは?

 

一般教養で何が培われるのでしょう?

一般教養なんてカンケーない?

 

うん。それも一つの考え方だと思う。

 

けれど、

人間の成長のキーは「思考力」だと、私は思うなー

そこを育てるのに、一般教養は一役かってると思うのです。

 

論理的に考える。

数学も抽象概念から論理的に体系だった教養と言えます。

 

事実や考察、そして議論と検証を経て、表現する。

↑ これ、教養 "(-""-)"ウーン、ムツカシ・・・

だから「学ぶ力」「経験値」の違いが出て当然なのか。

 

そうだとすると、

私の周りにある便利な暮らし

↑ じゃあコレ、教養がおりなすものじゃん!!Σ(゚д゚;)ガーン

ってことに。

 

この暮らしや社会の中で生きているのに、

「教養なんて関係ない!」と言える?

 

自分の未来を、熟考することをおろそかにしてはマズイ。

 

「親があれこれ言ってくるから嫌になる」というお子様。

親のことではない、自分のことですし(*^▽^*)

いいかげん、親のせいにできないし。

 

ちょっと振り返って自分のこと、未来の戦略を考えてみては?

 

それで、ワクワクしてくれたら嬉しいですが、

ど~~~んよりしちゃった人は、今から戦略会議っ!?(笑) 

 

PS: JPOS塾生で戦略会議手伝って!って方は言ってくれたらお手伝いします。

   言ってね!(^^)!

リンデンホールのオープンスクールに行ってきた

 

ブログ、久しぶり~

フィリピンでも忙しかったけど、日本のが忙しかったりして

・・・と言い訳はこのくらいで。

 

 

先日、国際バカロレア認定校であるリンデンホールの説明見学会に行ってきました!

 

f:id:JPOS:20170717175545j:plain

 

 

最初に下世話な話・・・。

ちょっと早めについたので、ホールに用意してあったカフェスペースに。

お高いお菓子がズラリとあって、庶民派の私どもは、ここで色めき立っておりました。

 

f:id:JPOS:20170717173422j:plain

 

 

学校の説明が始まり、理念など・・・

英語圏の先生が日本語で一生懸命説明してくれました。

f:id:JPOS:20170717175723j:plain

 

一通り説明が終わると、自由に各教室の見学に行ってよいと。

 

「普段通りの授業をしているので、ご覧ください」と言われました。

 

 

まずは3階に。

数学 ← めっちゃ楽しそう。我が家族にとってクイズ問題のようでした。

 f:id:JPOS:20170717171045j:plain

 

茶道 ← 先生らしい人が3人もいて、真剣に学んでいます。

畳の茶室コーナーもあり、道具もそろって、本格的でございます。

お抹茶いただきました(*^▽^*)

f:id:JPOS:20170717180356j:plain

 

 

脚本制作?舞台? ← 英語で何やら作品を作ってました。超楽しそう。

      

あっ・・・写真撮るの忘れた・・・ 

 

 

理科実験 ← 先生の汚れた白衣が真剣さを物語っています。

酵素の実験ということ。

みなさんジャガイモを刻んだものを試験管に入れて、ガス発生を見守っています。

f:id:JPOS:20170717175302j:plain

 

 

 

廊下にあった作品で、ペットボトルで作成した遺伝子模型に感動しました。

 

f:id:JPOS:20170717175421j:plain

 

 

 

その他諸々の授業・・・

 

インターナショナル校の教科書、めっちゃ分厚いですね。

もちろん英語だし。

一緒に見学に行った我が子は青ざめていました(笑)

 

f:id:JPOS:20170717173554j:plain

 

 

足早に各教室を巡った後、ホールに戻ると、

在校生の質疑応答が始まります。

次々にくる質問に、答えてくれる7年生から12年生。

全て書ききれないのですが、素晴らしい内容でございました。

 

一部紹介しますと。

 

在校生→「日本の一般、公立で習う”英語”と、リンデンで習得する”英語”がかなり違

     うので戸惑うことがある」

私の心の声→ そこら辺の公立私立で、いくら「英語に特化してます」と言っても、

       やはりインターナショナル校の英語とは根本が違うのか・・・。

 

私、質問しちゃいました→「宿題など、家ではどのくらい勉強しているのか?」

 

11年生12年生の声→「毎日3時間くらい。課題にもよりますが、

         12年生にもなれば6時間くらい勉強する日もあります」

 

10年生→「10年生でIVコースかIBコースを選択するのですが、どちらの

     授業もある年なので、単純に科目が増えて勉強時間が長くなります」

 

私の心の声→「そうなんだ。勉強好きな子でないとついていけないね」

 

 

 

さて、読者の方の中には、バカロレア認定校って何のこと?と思う方もいると思いますが、これを語ると長ーくなりますので、また今度。

ひとことで言うと、国際的教養を育てる学校といいましょうか・・・。

 

見学会の最後は個別相談と寮の案内、というスケジュールで終わりました。

 

ここで

個別相談の際、先生に質問してみました。

「公立校で”友達について”のディベートの時間があったのですが、うちの子は”友達は利用しあう側面がある”と発言して、クラスメイトから反論を結構ありまして・・・。」

 

そこで先生が何と言ったでしょう?

 

「そんな意見を言えるのは素晴らしいですね。

様々な視点で議論すると物事の本当の姿が見えてきますから」

 

・・・。

ここで、私がこの学校をめちゃめちゃ好きになったのは言うまでもありません。

素晴らしい先生!!

私にとってこのコメントは普通ですが、日本ではなかなか言えない大人が多くて。

 

素晴らしい学校であることは間違いない。

本の学校もアクティブラーニングとか言ってますが、バカロレアシステムを習っているわけで。

 

この教育法だと、先生方は、大学教授並みの高度さを求められると思うので、

果たして、日本でのアクティブラーニング大丈夫かしら・・・。

 

リンデンホールスクールは、学費は高めかもしれませんが、

内容からすると、決して高いものではない・・・と改めて感じ入りました。

 

世界の優秀なお子さんはこのような教育を受けているのね・・・。

 

 

さて、肝心の我が子の反応は・・・

 

子 → 「リンデンに行きたい!授業が面白そう!」

私 → 「う、うん。いいよね・・・」

 

頭の中でせわしく、学費を払い続けることができるか・・・深~~~く悩むのでした(笑)

 

 

 

 

 

 

フィリピンのミンダナオ島でIS組織が20万人大都市を制圧・アメリカ特殊部隊100名程投入

フィリピンが世界のニュースになってますよ。

 

世界中で一大事とニュースされているのに、日本のマスコミでは報道されない?

 

www.newsweekjapan.jp

マニラで足止め・2泊した話①

 

今回のセブ島旅行は全部で4泊。

日本人の夏祭りがあるということで。

 

前回のセブは子どもと一緒に3か月と長期だったので、

4泊は短い。

でも子どもがいる私にとってこれが最大の日程でありました。

 

ここからは、セブから日本に帰国する5月30日のお話しです。

 

愛着あるセブ島とお別れの日で寂しい気持ちもありました。

しかし、飛行機が飛ばないんですよ!

こうなると人間、「早く日本に帰りたい!」と思うものなんですね(笑)

 

やっと搭乗ゲートがオープンして飛行機に乗り込んだものの、動かない。

あげく、「トラブルにより、搭乗口に戻ってください」とアナウンスが。

 

マニラの空港でトラブルとのこと。

 

やっと呼び出しがかかって、再度、飛行機に乗り込みむことに。

でも、飛ばない・・・( ;∀;)

40分後に飛ばない機内で、ジョリビーのランチが配布されましたが、

私の胸中は、サンドイッチとか普通のものの方がイイ!!と絶叫してました。

 

ジョリビーはフィリピンで大きくフランチャイズ化した有名なファーストフード店。

チキンとご飯のセットが有名。

でも、私はその肉の味が合わない。

香辛料たっぷりで外側がカリカリでまるでケンタッキーのようですが、

肉が何かダメ・・・

お腹がすいているけど、チキンは一口食べてやめました。

 

それからさらに1時間後、飛行機は飛んでくれましたが、

マニラのトランジットに間に合うはずもなく。

すぐにマニラ空港のチケットカウンターに行きましたが、そこは長蛇の列・・・。

 

飛行機が遅れた時も思ったのですが、こういう時、フィリピン人は気長に文句を言わず待つんです。2時間でも3時間でも・・・。

 

空腹とほぼ立ちっぱなしの状態にくらくらしながら、やっとトランジットの手続き。

 

航空スタッフが、「5月30日の福岡行きはありません」とキッパリおっしゃる(;'∀')

 ↓

「明日なら成田行きありますが、成田から福岡までは自費で帰って下さい」( ;∀;)

 ↓

「明後日なら福岡行きがありますので、マニラで2泊しますか?」(T_T)

 

2泊~~~!!

夫に「さらにマニラで2泊する」と電話したら、慌てて勤務変更を職場に申し出ておりました。

その時、夫より

「無事に帰ってきてくれたらいい」と優しい言葉をいただきました( *´艸`)

 

優しいな~~~( *´艸`)

私はと言うと、子どもの運動会も夫任せにしてセブに来た暴妻ぶり、さらに明日は娘の誕生日にもかかわらず、帰ってこれない私を彼は少しも責めません。

 

今日の日を振り返ると

早朝6時にセブのホテルを出て、マニラのホテルに着いたのは夜10時

ほとんど空港でございました(T_T)

 

 

クタクタでホテルに着いて食事をとり、お腹が満たされると、

不謹慎な暴妻の私は、「あぁ~、これも神様からのプレゼントかしらん?明日から何しよう♪」とワクワクしてまいりました。

 

早速、思いついたこと。

フィリピンに行く方のバイブルと呼ばれる本

「カネ無しコネ無しフィリピン暮らし」の著者である志賀和民さんにメールにて

アポを。

次の日の午後3時から会う事になりました。イヤッホー!

 

その晩は10秒ボーっとしてると眠ってしまいそうなほど疲れてましたが、

ホテルにプールがあると聞いて、水着の上からワンピを羽尾ってレッツゴー。

クロージングタイムで残念でしたが、そのまま部屋で水着のまま眠ってしまいました・・

疲れ切っていたので、そのままプールで泳いでいたら溺死してたかも・・・?(笑)

 

f:id:JPOS:20170616102805j:plain

 

 

 

 

 

 

 

セブの夏祭り初日

 

 

日本と違うのは、夏祭りの会場に着くと、セキュリティチェックのために長い列があります。

 

セキュリティは、ライフルと小拳銃持っていますし、

バックの中身を開けさせて、警察犬みたいなのを動員して警備してくれています。

 

その厳重な警備で、中に入るのに30分かかりましたが、 

私のブース出店場所がなかなか見つけられない。

 

なんと、かなり隅っこ!

ハ・ズ・レの場所ですね!(笑)

 

場所は東京ドームをもう少し大きくしたような広場

200を超すような露店の中、

ハズレ~の場所で静かに営業していました( ;∀;)

 

しかも日本人は思ったより少ないです!

フィリピン人の親子はいても、日本人の親子となかなか出会いません。

ほとんどのお客様はフィリピン人です。

 

あぁ、これが「パリコレにフランス人がいない!」と同じ現象か?

と思いました。

やられた!!(笑) 

よくよく見ると出店者もフィリピン人が半分以上?

 

どうも、主体が日本のアニメや食べ物が大好きなフィリピン人のお祭りになっている。

 

私はインターナショナルスクールに通う子どもさん親御さんに、JPOSオンライン塾を広報しようと来たわけだけど、

 

日本人!と思うとチャイニーズ

日本人!と思うと韓国人

日本人!と思うとフィリピン系何チャラ

 

東南アジアで見分けはつきませんっ!(笑)

 

浴衣来てると思い、日本語で話しかけると、困った顔され~。

チラシを熟読してる?と思って声かけると

日本語の勉強のためにチラシを読んでいただけ、

と日本人ではない(笑)

 

だからこそ、ブースに来てくださった日本人親子さんが輝いて見えました(笑)

ありがとう!良さをわかってくれて。

ありがとう!こんな僻地のブースを見つけ来てくださって(マジで)

 

夏祭り自体は大いに盛り上がっています。

スラムダンク?のコントや、仮面ライダー、コスプレアイドル集団の舞台。

盆踊りに、お神輿、そこにフィリピン人も炭坑節を踊ってます。

 

準備した日本人会の皆さん、すごく大変だったと思います。

 フィリピン人はめちゃめちゃ喜んでいる。

うちのブースも、フィリピン人で申し込みしようとする人がいるくらいで~(笑)

 

日本人の影なる支えがあってからこそ、このお祭りが成り立つわけですが、

もう少し日本人に来てほしい!!

 

海外で味わう日本は、純粋に楽しい

f:id:JPOS:20170531143201j:plain

f:id:JPOS:20170531143205j:plain

f:id:JPOS:20170531143219j:plain

f:id:JPOS:20170531143225j:plain

f:id:JPOS:20170531143227j:plain

f:id:JPOS:20170531143243j:plain

 

 

f:id:JPOS:20170528140758j:plain