JPOS: Japan program online school

日本の教育をオンラインで学べる 文科省認定の特許プログラム

離婚にユルい考えの日本

 

日本のワイドショーとかで、松居一代さんや船越さんの話題。

 

松居さんが「狂気の沙汰」のように取り扱われていますが、

フィリピンなら、松居さんは悪くないです。

 

 

離婚を言い出した船越さんが圧倒的に悪いことになります。

 

 

フィリピンはカトリック教徒が圧倒的に多い国。

まず離婚は認められません。

 

「他に好きな人ができた」

「性格が合わない」

・・・全て戯言!!

 

こんなしょーもないことで離婚は認められません(;'∀')

 

どうしてもの場合、教会に申し立て、annulment(アナルメント)という手続きをとらなくてはなりません。

教会では、夫婦として添い遂げるよう努力せよと、何十年も説教を受け続けます。

相当の寄付金もいるでしょう。

何十年も審議して、やはり認められない場合も多々あります。

DV、ギャンブル等、よっぽど切迫した理由がない限り、離婚はない。

 

 

フィリピンは法律でも、カトリックの教えに則った形で「家族法」というのがありますし。

宗教でも法律でも、離婚は至難の業になります。

 

f:id:JPOS:20170801105221j:plain

 

カトリックじゃなくてよかった~!って思っている方。

この戯言が認められる日本は、果たして良いと言えるでしょうか?

という問題意識を持ちましょう。

 

 

責任感

なさすぎるのでは、ないですか?

 

 

あなたは、神仏の前でも、自身でも、

一生添い遂げると決めて結婚したのではないですか?

 

・・・そう言われると、本当にそうですよね。

 

 

 

P・ドラッカーも相談者にこのように答えてます

相談者「今では私は妻を愛していません。私の心に愛がないので別れたいです」

P・ドラッカーの答えは

 

「愛しなさい」

 

です。

相談者は「え?愛がないのにどうやって?」と食い下がりましたが、

「聞こえませんでしたか?相談の答えは、愛しなさいと言っているのです」と。

 

愛すればいいのです。

 

この言葉に私は衝撃を受けました。

 

 

性格が合わないなら仕方ないよね?愛がないなら仕方ないよね?

巷にある許されて当然と考えがちなもの。

・・・これら全て勝手な言い分に、聞こえませんか?(笑)

 

私は松居さんを擁護するワケでもなく、カトリックを崇拝しているワケでもなく、

真実を熟考すると、カトリック制度の戒律は深い・・・と思いました。

 

 

人を愛する

って本当に深いのですね。

 

 

チャラいアニマルな部類の方、

そして自分の意見が正しいとばかりの方には

至難の業でしょうね(笑)

 

 

f:id:JPOS:20170801105010j:plain